FC2ブログ

~慢性腎不全の猫と暮らす家族の日記~

かくれんぼですよ~♪
かくれんぼですよ~♪ こっちんはどこでしょう?

あれ~? こっちん、どこかな~?

ないしょです~♪
うふふっ♪ ないしょです~♪

あれあれ~? どこにいるのかな~? 全然分からないな~  

みつけられないですか~?
ぐふふっ♪ ママ、ボクのこと見付けられないですか~?

・・・・・  (あの~、ばればれですって!)

(カーテンをめくって) こっちん、見~つけた

あわわ、みつかっちゃったです~
あわわ、見付かっちゃったです~

ざんね~ん! シッポもちゃんと隠しておかなきゃダメだよ~!

あ~ん、ざんねんです~
あ~ん、残念、くやしいです~

次は、ガンバレ~♪ 


ボク、ホントはね~
ボク、ホントはね~

おそと、みてたんです~
お外、見てたんです~

窓際警備のお仕事ね、ご苦労様~! 

暗くなるのが、大分早くなったよね~


* * * * *

8/30、31のコスモの尿:pH6.6→6.3
8/30のコスモの体重:4.3kg

8/30、31のスカイの尿:pH6.0→6.3
8/30のスカイの体重:4.3㎏

2にゃんとも、おしっこのpHは、良い値で安定してきたと思います。
スープを飲むことが気に入ったらしく、催促してくるようになりました。
でも市販のだしスープで味付けしないと飲んでくれないというのが玉にきずなんですがっ!

ムキーッ、くやちー

ハナコ:どんまいっ!



スポンサーサイト




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.31 / Top↑
今日はぷーにゃんの1回目の月命日です。
ぷーにゃんがいなくなって早1か月経ったのに、ぷーにゃんはまだ生きているような気持ちになることがあります。
ふと、ぷーにゃんがすぐ傍にいても、あまり驚かない気がします。
またちょろちょろっと姿を見せてくれないかな、撫で撫でさせてくれないかな・・・

2013.7.27撮影


ぷーにゃんが使っていた食器にまだカリカリご飯が入っていましたが、先日中身を捨てて片付けました。
ぷーにゃんのご飯のストックも、タッパーに移した分は捨てました。
3種類あったので、結構な量になりました。
食事介助の時に使っていたタオルも洗って干したままにしていましたが、それも片付けました。

プリンの食器 プリンの食器

プリンのカリカリご飯 プリンのご飯ストック

プリンの口拭きタオル プリンの口拭きタオル

でもまだ、薬やサプリメント、療法食と高齢猫用ご飯の袋の残りは、まだ処分できていません。
その時々のぷーにゃんの反応を見ながらいろいろ試したので、開封した残りがたくさん残っています。
ぷーにゃんの残りの輸液セットも、コスモに少し使いましたが、まだ病院にお返しできていません。
全部きれいに片付けてしまったら、本当に影も形もいなくなっちゃいそうで。
もう使うことはないのだから、そのままにしておいても悪くなるだけなんですけどね。
気持ちの踏ん切りが自然と付くまで、まだそのままで、もう少し時間をもらいたいと思います。

ぷーにゃんのお骨の前に座って、写真の顔を撫で撫でしてると、ぷーにゃんの気持ちよさそうな顔が目に浮かんできます。
するとどうしても、ぷーにゃんは死ぬのを急ぎ過ぎちゃったんじゃないの?と思ってしまいます。
どう考えても、最後の最後が短すぎる時間だった気がしてなりません。
ママは、ぷーにゃんの看護はしたかもしれないけど、介護はほとんどしてないよ。
命の火が消える直前まで、自分の力で動いてトイレへも行ったし、好きな場所で休んでいました。
ご飯は食べたい気持ちがあるときまでは、ちゃんと自分で食べていたし、食事介助でのご飯もお薬を飲むこともちゃんとできていました。
毛並みもきれいだったし、お口の中もきれいでした。
嘔吐の回数も減って、いいうんさんも出ていました。
私は、ぷーにゃんの病状が悪化したらもっともっと手がかかるものだと覚悟していました。
ご飯のお世話だって、トイレのお世話だって、寝たきりになって全てのお世話が必要になったって、全部お世話する覚悟をしていました。
それなのに、「全部お断りなのよさっ!」とばかりに、あっけなく逝ってしまった気がしてなりません。
ぷーにゃんのプライド?優しさ?思いやり?・・・なのかもしれませんが、私たちにもう少しお世話する時間を与えてほしかったです。

おことわりなのよさ~
ぜーんぶ、お断りなのよさ~

これまで、ぷーにゃんの最後の日のことを、このブログに書いていませんでした。
月命日の本日、1か月前の今日の出来事を書き留めておこうと思います。



日中、利尿剤を使ったにもかかわらず、29日はとうとうおしっこが出ませんでした。
夜中はキッチン、洗面室、廊下、リビングの床でお腹を付ける体勢で伏せていました。
移動はよたよたと自分で歩き、ゆっくり体を下ろします。
頭をもたげスフィンクスのような体勢で、鼻をひくひくさせて一生懸命呼吸しています。

7/30深夜の様子

横になると呼吸が苦しいのかもしれないと思い、ぷーにゃんのクッションを頭の下にあてがうと少しゆったりした体勢がとれるようでした。

7/30深夜の様子

ぷーにゃんの手を握りながら、私も隣に横になり、しばしの睡眠。
ハッと気づくと次の場所へ移動していたのでクッションを持って移動。
そしてしばしの睡眠・・・を繰り返し、30日の朝を迎えました。
朝はキッチンの水の食器の前にいました。
やっぱり鼻で呼吸する様子は変わりなし。
トイレを見ても少しもおしっこが出ていません。
支えてトイレに連れて行っても、すぐに外に出てしまいます。
もうまる1日以上排尿がありませんでした。
午前8時半、開院は9時からでしたが、病院で何か処置ができないものかと相談の電話をしました。
まだ院長先生がいらしていなかったので、後ほど電話をかけ直す旨を伝えました。
9時半ごろ再び病院に電話をしましたが、院長先生はまだ不在とのことでしたので、もう少し待つことにしました。
朝分の内服を試みると、吐き気を催してしまい、最優先のフォルテコールも飲ませられませんでした。
舌を出し、苦しそうな呼吸がなかなか落ち着きませんでした。
吐き気が続いているようで、少しよだれが出ていました。
ティッシュで拭きとると、嫌な臭いがします。
前の日はよだれを出すこともなく、口臭もさほど気にならなかったので、くさい唾液の臭いに気付いた時は、尿毒症が進んでいるとすぐに感じました。
10時半ごろ、少し落ち着いたところで、電話をしてからすぐに病院へ向かいました。
院長先生が居る居ないにかかわらず、とりあえず吐き気を止める処置をしてもらおうと思いました。

11時、院長先生はすでに診察に入っており、少し待つとプリンが呼ばれました。

最後の診察

体重4.0kg
皮下輸液を入れていないのに体重の減りがなく、全く排尿がない証拠でした。
すでにまる1日半おしっこが出ていないことを伝えました。
29日に打っていただいた利尿剤の注射の効果はありませんでした。
T先生はプリンを見るなり、
「お腹が随分膨らんでるね。やっぱり脾腫からの出血がお腹に溜まってきていると思う。厳しい状態だね。」
とおっしゃいました。
おしっこが3日出ないとその後は一気に悪くなるなるので、もう一度利尿剤と止血剤2種、それとステロイドを使っておきましょう、それと家で皮下輸液を50mlくらい入れて排尿を促しましょうと指示をいただきました。
皮下輸液はそれ以上入れたら危険とのことでした。
また、吐き気が出て来たことを伝え、吐き気止め(セレニア)も注射してもらいました。
今の状態では、プリンペランでお腹の動きを促すのもよくないし、セレニアで直接中枢に働きかけて吐き気を止める方が効果があるということでした。
そして内服薬もすべて中止。
無理をしてお腹をひねったりしたら、脾腫からの出血が進んでかなり危険ということで、抱いて移動させるのもなるべくしないようにし、とにかく安静を保つようにという指示をいただきました。
脾腫からの出血が何とか止まれば、その先のこともまた考えられるからと。
私から言葉にするのはかなり辛かったのですが、
「もし、今夜もおしっこが出なくて、明日も生きられて頑張っているとしたら何か他にできますか?」
と先生に尋ねました。
すると先生は、
「すでに打った利尿剤の効果が悪いので、もし今夜出ないとするともう薬には期待できない。それよりも安静にして出血を止めることが一番です。」
と答えられました。
お礼を言い、分かりましたと何とか返事をしましたが、涙をこらえるのがやっとでした。
滲んだ涙の向こうに気の毒そうにしている先生の顔が見え、もう最後になるかもしれないと思い、胸が締め付けられたように苦しくなりました。
でも、おしっこは3日間は待てるのか、とにかく安静にしてぷーにゃんがしたいようにお腹を冷やしておけば、出血が止まっておしっこが出るようになるかもしれない、とにかく明日は安静にしておこう・・・とまだ小さな期待を持ちつつ帰宅しました。

診察終了後、元気がない

家に帰り、ぷーにゃんのしたいようにさせていました。
もう靴箱の下に寝ることはなく、それだけはよかったと思いました。
靴箱の下で最期を迎えさせることはどうしてもしたくなかったので。
キッチンと洗面室の床がひんやりして気持ちがいいのか、その辺りで横になっては少し移動してまた横になるという行動を繰り返していました。
診察の時に、出血を止めようと本能的にお腹を冷やしているのだろう、と先生がおっしゃっていました。
そんな様子を少し離れた場所で見ながら、ガンバレ~ガンバレ~と心の中で念じました。
体が冷えすぎないか心配でしたが、本にゃんに任せました。
吐き気は、セレニアの効果があり、帰宅してしばらくの間は少し楽になったようでした。
明日もセレニアの注射だけはしたいな…と思いました。
夕方になると、また吐き気が出て来たようで、鼻水と臭いの強いよだれが少し出ていました。
ティッシュでその都度、拭ってあげました。
呼吸も苦しそうで、呼吸音が聞こえるほど荒く、鼻もひくひくさせています。
これは危ないかも・・・という嫌な予感がよぎりました。
ムシオやハナコを近くに呼び、3人で撫でながら呼吸が落ち着くまで待ちました。
以前から軽度見られたちょっとした音や振動などに対する過敏反応(ビクつき)が、その頃にはそれまでよりもずっと強くなっていました。
小さな音や横を歩く振動に対してもビクビクしてしまう様子があったので、なるべく静かな声で話し、そろそろと動くようにしました。
3人でかわるがわる撫でながら優しく声をかけたり、休ませるためにその場から離れても、常にみんなで見守っていました。
スカイもコスモもぷーにゃんの邪魔をしないように、ときどき近くまで様子を見に行っては、少し距離をとって見守っていました。
ぷーにゃんは、まだときどき自力で立ち上がり、よたよたと少し移動して冷たい床に横になっていました。
お腹がかなり重そうで、見ているのが辛かったです。
移動して息が荒くなったときは、体を擦り、落ち着くまで傍にいました。

プリンに寄り添うムシオ

利尿剤の効果はやはり見られず、排尿はありませんでした。
19時頃、このまま待ってもおしっこは出ないと判断し、皮下輸液の準備を始めました。
湯たんぽで温めた液が熱くなりすぎてしまい、それを冷ましている途中のことでした。
キッチンにいたぷーにゃんの横の棚に新聞を片付け、その扉をそっと閉めた瞬間、その音に反応して初めてけいれんを起こしました。
ついに来た!とすぐに分かりました。尿毒症の末期症状です。
ムシオとハナコを呼び、ぷーにゃんに「大丈夫だよ~」と声をかけながら、けいれんが落ち着くのを待ちました。
時計を見ると、20時18分でした。
20秒くらいでけいれんは落ち着きました。本当はもっとずっと短かったかもしれません。
何とか治まり、ぷーにゃんが一生懸命呼吸をしていたので、「大丈夫だよ、そうそう、落ち着いて、大丈夫だよ、怖くないよ」とみんなで撫でながら声をかけ続けました。
すると最近では聞いたことのないような高い声で「ぅわ~ぅ」と鳴き、「ぷーにゃん、どうした?大丈夫?」と声をかけると、さらに続けて2回「あーぅ」、「あーぅ」といつもより長めの大きな声で鳴きました。
目を見開き私をじっと見つめています。
鳴いた後のまま、口が少し開いています。
何か私に言いたそうな顔です。
「もう逝くよのよさ~」とぷーにゃんが言っているような気がして、ムシオに抱っこするように言いました。
私はぷーにゃんの目を見つめたまま頭や顔を撫でながら、「大丈夫だよ、怖くないからね、頑張ったね、ありがとうね、ぷーにゃん可愛いよ、大好きだよ、ありがとね」と声をかけ続けました。
ハナコは横で「ぺーちゃーん(ぷーにゃんのこと)!ぺーちゃーん!いやだよ~!」と泣き叫びながら体を撫でていました。
ぷーにゃんは3回鳴いた後、口を開けていても、息を吸い込むことができませんでした。
お腹だけが苦しそうに、空気を何とか吸い込もうと動いていました。
もう息ができていない、もう逝っちゃうと思ったので、思いつく限りの言葉をぷーにゃんにかけ続けました。
ムシオもハナコも泣きながら、「ありがとう、大好きだよ~」と声をかけ続けました。
ぷーにゃんのお腹の動きが止まったのと同時くらいに、見つめ合ったままの瞳孔が大きく広がっていきました。
ハナコも声をかけてしっかり抱っこするように言いました。
そして最後に私もしっかり抱っこして看取りました。
スカイとコスモも何かを感じたのか、そばでじっと様子を見ていました。
午後8時23分でした。
けいれんが起こってから、あっという間の出来事でした。
あっという間過ぎて、目の前で起こった出来事が信じられないような気持ちでした。
しばらく3人でぷーにゃんを囲みながら泣きました。

でもすぐに死後硬直が始まることを知っていたので、泣きながらも「ぷーにゃんをきれいにしてあげよう」と子どもたちに言いました。
ムシオやハナコは涙を滲ませながら、ときどき「ぷーにゃん、起きてよ~、死なないでよ~」と泣きながら、それでもてきぱきと指示通りに動いてくれました。
ときどき誰からともなく大泣きしてしまいましたが、仕方がありません。
みんな悲しくて気持ちを抑えるのがやっとだったのですから。
悲しいのをこらえながら、とにかくぷーにゃんがきれいな状態でゆっくり休めるようにと、さっと体を洗いました。
数日前の強制給餌による汚れで首や口の周りがうっすら茶色に染まり、ご飯の臭いが残っていたのと、よだれが付いた部分にきつい臭いが付いてしまっていたのをきれいにしてあげたかったのです。
ムシオと2人で手早く洗い、ハナコにタオルを準備してもらって水分をしっかり拭き取りました。
そしてドライヤーで乾かし、ある程度乾いたところでムシオにぷーにゃんを託して、私とハナコはぷーにゃんを寝かせるための箱と、ぷーにゃんと一緒に入れる花を買いに出かけました。
時間も遅かったので、ちょうどいい大きさの箱は見つからず、花だけを買って急いで帰宅しました。
家に着くと、ぷーにゃんはムシオがドライヤーできれいに乾かしてくれていました。
はじめ、目と口は開いたままでしたが、「顔を拭いたり、体勢を整えているうちに閉じてくれたよ」とほっとした表情でムシオが言いました。
その後ブラッシングをして毛並みを整え、家にあった空き段ボール箱にバスタオルを敷いてそっと寝かせました。
でもやっぱり今夜はぷーにゃんのベッドに寝かせてあげようということになり、箱から出しました。
体の硬直で箱に入らなくなってしまうといけないので、箱に入る姿勢のままベッドに移しました。
すごく安らかな顔で、まるでお昼寝しているだけのような気がしてなりませんでした。

眠りについたプリン

この後は冷やさないといけないことは知っていましたが、具体的にどうすればいいか分からなかったので、インターネットで調べると、保冷剤でお腹と背中を冷やすことが分かり、すぐに用意しました。

きれいに整えて落ち着いた頃、パパが仕事から帰ってきました。
既に連絡を入れておいたので、すぐにぷーにゃんのそばに駆け寄りました。
最後の時には間に合わなかったけど、その日のうちに会うことができて本当によかったと思いました。

ぷーにゃんは、生後約2か月半の時に私たちの仔になりました。
あるお宅で里親募集していることを知り、2人で迎えに行きました。
玄関から、母猫とともにぱっと顔を出し、目が合ったのがぷーにゃんでした。
可愛くて、ひと目でこの仔だと思い、貰い受けました。

ベビープリン

パパは、ぷーにゃんが家に初めて来たその日、蕁麻疹が出ました。
1997年1月25日、忘れられない出会いの日になりました。
幸い蕁麻疹は一日で治まり、その日から楽しいぷーにゃんとの生活が始まりました。
そして17年という月日が過ぎ、ぷーにゃんを見送る日がやってきました。

パパはぷーにゃんの頭を撫でながら、「なんか信じられないな~」とぼそっと呟きました。
みんなに涙は見せませんでしたが、パパにとってもすごく大切なぷーにゃんを失ったのですから、きっと心では泣いていたのだと思います。
丁度その日の夕方、私たちにとって大切な友人がお亡くなりになっていたことを知ったばかりでしたので、ぷーにゃんの死はさらに私たちに大きな喪失感を与えました。
ぷーにゃんの眠る姿を見ながら、「ぷーにゃんがきれいなままでお別れできて良かったよ。よく頑張ったよ。」と何度も言い、パパなりに気持ちの整理を付けようとしているようでした。


ぷーにゃん、最後、苦しかったのかな?
悲しい気持ちになっていなかったかな?
怖くなかったかな?
最後に何て言っていたんだろう?
ぷーにゃんの目は、何かとっても言いたげでした。
最後までじっと私を見つめていました。
私も目をそらさずに、ぷーにゃんと目と目を合わせたまま声をかけ続けました。
「もう逝くからね~」と言っているような気がしましたが、もしかしたら違うことを言いたかったのかもしれません。
自分だけ、言いたいこと言って逝っちゃった・・・。
ちゃんと人間言葉で言ってくれないと、ママ分からないよ。
ねぇ、ぷーにゃん、ママのところに戻ってきて、最後に伝えたかったこと、分かるようにお話ししてよ。

叶わない望みではありますが、ずっと心に引っかかっています。
いつか、夢の中でもいいから、ぷーにゃんの言葉を聴けたらなと思います。

ぷーにゃんのこと、家族全員、大好きで、大切に思っています。
ぷーにゃんがくれた幸せな時間を絶対に忘れません。
ぷーにゃんのお世話をする中で覚えたこと、できるようになったことを弟たちのお世話にも役立てます。
ママやパパのこと、愛してくれてありがとう。
ムシオやハナコのことも愛してくれてありがとう。
スカイやコスモのことも愛してくれてありがとう。
ぷーにゃんがまだずっとお家にいても、この先天国に向かったとしても、ずっとずっと我が家の大切なお姉ちゃんであることには変わりないからね。
ぷーにゃん、愛してるよ~




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.30 / Top↑
昨年の4月初め、コスモを我が家に迎えて3か月になるころ、子猫用のベッドからそろそろ大きいものに替えようかなと思い、コスモ用の鍋型ベッドを探しました。
というのも、ぷーにゃんが鍋型ベッドをすごく気に入って使っていたので、猫は丸くてちょっと深さのあるベッドが好きなのかなと思ったからです。
でもぷーにゃんと同じものは手に入らず、他に探してもいいなと思うものを見付けられませんでした。
そこで、鍋型ベッドを作っちゃおう!と思い立ちました。
ネットで作り方を探してみると、私でも出来そうなものがいくつか見つかり、それを参考にして手作りしました。

生後4か月のコスモ
↑生後4か月のコスモ・・・まだ毛が短めで幼児ですね!

というより、でかカボチャになってしまいましたが、無事完成。

すやすや~
すやすや~

2013.4.9撮影
↑みんなでお昼寝♪ (2013.4.9撮影)

当のコスモは一応使ってはくれたのですが、大のお気に入りとまではいかず、キャットタワーを導入してからは、タワーのカップで寝ることが多かったので、しばらく片付けていました。

今日久しぶりに出してみると、少しの間入ってくれましたが、すぐにどこかへ行ってしまいました。
いつもの箱の方が良かったみたいです。

でもそのかわり、スカイが使ってくれました!

なかなかいいんでないの~♪
なかなかいいんでないの~♪

そう?そう? 使ってくれてママ嬉しいわ~

のびのびできるし~♪
ボクでものびのびできるし~♪

からだに‘ふぃっと’するし~♪
体にやわらかく‘ふぃっと’するし~♪

だんだんきもちよく・・・
だんだん気持ちよく・・・

むにゃむにゃ・・・
むにゃむにゃむにゃ・・・

うんうん、ホントはコスモのだけど気に入ってくれてママは嬉しいっ


* * * * *

8/29のコスモの尿:pH6.6
8/29のスカイの尿:pH6.3

今日もまあまあの値ですね。そのままキープしてちょうだいね。

再び、サプリメントをカプセル詰めしました。
ちょっと面倒だけど、このひと手間で飲んでくれるなら喜んで!




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.29 / Top↑
先日、クランベリーサプリメントをカプセルで飲ませる様子をご紹介しました。
スカイもコスモもとても上手に飲めており、楽させていただいています。

クランベリーサプリメント

↑こちらは、『サイペット クランベリー顆粒 100g 』という商品で、服用しやすくするためにチキンフレーバーを配合して嗜好性を高めているようです。
さすがに粉末のまま舐めてくれるということはないですが、チキンフレーバーのおかげで匂いがいいのでしょう、相変わらずコスモは自分でカプセルを食べてくれます。

2にゃんともサプリメントの内服に慣れたなと思ったら、スポイトから水を飲むのも慣れてきたみたいで、スポイトの先を近付けると、自ら口を開けてくれるようになりました。

しぇ~!
しぇ~!

その様子を、またまたGIFアニメにしたのでご覧ください。

ボク、じょうずでしょ~♪
あ~ん! ボク上手でしょ~♪

うんうん、とっても上手!
なぜスポイトを嫌がらないのかとっても不思議です。
でもいつか本格的に薬を飲ませるときに、今の経験が役立つかもしれないから、若いうちにいろいろなことに慣れておくことは、結構大事なことかもしれません。

続いてコスモ・・・

ボクもできるです~!
ボクもできるです~! あーん、ごっくんするです~!

コスモはスポイトで水を飲む必要はないのですが、スカイにスポイトで飲ませていたら羨ましそうにしていたので、あげてみました。
やる気の割に、下手くそです。
嫌がらないでスポイトから飲めるようにすることが目的なので、これでも十分ですけどね。


それにしてもこっちん!

はい、なんでしょか?
はい、なんでしょか?

そろったお手手も・・・

きちんと♪

るるる~♪のお口も・・・

るるる~♪

和むわ~


* * * * *

8/28のコスモの尿:pH6.0
8/28のスカイの尿:pH6.3  いい感じにキープできています。

作り置きのスープが切れてしまいました。
次はカツオだしスープにしてみようっと!




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.28 / Top↑
*いつもご訪問いただき、ありがとうございます。毎度のことながら、写真にオンマウスしてお読みくださいね♡

ごろごろ♪
ごろごろ、だら~ん♪

こっちん、ベッドでのびのびしていて、珍しいね!
最近、窓際監視が忙しくてベッド守りの交替勤務してなかったもんね~

そうです~、ボクなかなかいそがしいです~♪
そうです~、ボクなかなか忙しいです~♪

そうなんだ! じゃぁそこでのびのびして、よ~く疲れを取ってね 

はいです~! でもおねぇちゃんのベッド守りのお仕事もしないとですから、頑張るですぅ・・・・・

ねてないですよっ
ボ、ボク、寝てないですよっ! 寝てないです~

ねてましぇん・・・
ボクは・・・ねてましぇん・・・

まぁまぁ、寝なさいって~


* * * * *

8/27のコスモの尿:pH6.3
8/27のスカイの尿:pH6.0  ふたりとも下がりました~!

やっとクランベリーサプリの効果が出て来たかしら? その調子よ~!      




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.27 / Top↑
2012.3.23撮影

今日はぷーにゃんの四七日です。
早いもので、亡くなってから28日目になります。
亡くなった日のことはまだ、目の奥にしっかり焼き付いています。
今でも、もし何かのタイミングが変わっていたら、まだぷーにゃんが生きていたのではないか?と思うことがあります。
そんなこといくら考えても仕方がないことなのに・・・。
やっぱり寂しいですね。

四七日のお花

昨日、ぷーにゃんの姿をちらっと見た後は、気配が感じられません。
やっぱりそうそう、見えるものではないですね。
でも、今日はぷーにゃんのベッドに誰も寝ていないので、そこで休んでいるのかもしれません。
四度目の審判の日ですから、お花とお刺身、今夜はブリをお供えしました。
キャンドルを灯し、お線香も一本分たきました。
その間、みんな揃ってお話ししました。

キャンドルとお線香

楽しく話をしていると、不思議なことにスカイもコスモも自然と集まってくるんですよね。
心が休まる時間です。

それなのに、お線香が終わる直前、ちょっとしたことでムシオとハナコが口げんかをし始めました。
せっかくの時間なのに、とても残念です。
するとスカイやコスモもさっとどこかに行ってしまいました。
雰囲気を敏感に感じ取るんですね。
きっとぷーにゃんもあきれたことでしょう。

さてさて、気を取り直してブリのお刺身を初めて食べたスカイとコスモ。
始めはマグロやタイよりも弾力のあるブリの身が少し噛みづらかったようですが、小さく切ってあげたら美味しいと気付き、またまた大喜びでした。
ところで、そんなことをするのは家ではスカイだけなのですが、ハナコがお刺身を手からあげていると、「美味しいよ!」とばかりにいったん口に入れたお刺身を、ハナコの口の中に戻してくるのです。
ハナコがスカイに顔を近付けなければいいことですが、普段からハナコの顔が近くにあると、すぐにハナコの口をペロペロしようとします。
その延長線なのか、大好きなハナコにお刺身を食べさせてあげるとは、凄すぎる愛だ!!
でも衛生上あまりよろしくないので、ハナコに注意しているのですが、なぜか迫ってくるようで・・・
再度注意しておきました~

ウサギの線香立て
最近購入したウサギの線香立てです。
ぷーにゃんのためにちゃんとした仏具をそろえようと思っていますが、まだこれだと思うものに巡り合えず、手近な食器でお水やお花をお供えしています。
さすがにお線香立てはないので用意しました。
ピンクのお皿の上に真っ白なうさぎさんが載っていて可愛らしいです。
ぷーにゃん、気に入ってくれるかな?

* * * * *

コスウィグ
ハリーポッターのヘドウィグならぬ、コスウィグ・・・相変わらず例の箱に収まっています。
いい加減ボロくなっているので、そろそろ捨てたいな~

8/26のコスモの尿:pH7.2
8/26のスカイの尿:pH7.2  

お水と鶏ガラスープで水分は摂れています。
いよいよ鶏ガラスープが無くなったので、次はタラでスープを作りました。
試しに少しあげてみたのですが、鶏ガラスープの方が好きみたい。
まただしスープで味付けが必要なようですね。



♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.26 / Top↑
今日は、とっても嬉しいことがありました!
どうやら、ぷーにゃんはまだ家にいるようです。
何と、私にも見えたのです! (注:もしかしたら、頭が少し壊れているかもしれません

昼ごろハナコと出かける準備をしていると、リビングのテーブルからダイニングの方へ、スルスルとスカイの走り去る姿が目の端に映りました。
「出かけてくるね!」と声をかけようとそちらを見やると姿がありません。
視線をテーブルに戻すと、何とぷーにゃんのベッドのど真ん中にどーんとくつろいでいるではありませんか!

よんだ~?
ボクのこと、呼んだ~?

「えっ?」と一瞬何が起こったのかとびっくりしました。

そうです!!
スカイだと思った姿は、きっとぷーにゃんなのです!!!
以前から、ちらっと目の端に映る姿が、ぷーにゃんとスカイはそっくりで、よく見間違えました。
もちろん私だけでなく、家族全員がです。
どんなにそっくりかというと・・・写真で見比べてみてください。

スカイの背中 プリンの背中
左:スカイ 右:プリン

スカイのお尻 プリンのお尻
左:スカイ 右:プリン

このように頭や体の白っぽいところと黒っぽいところの割合や位置が似ていて、目の端に映っただけでは見間違うことがあるのです。

だから、私の目の端に映った姿は、きっとプリンだと思うのです!
スカイは、ぷーにゃんのベッドでくつろぐ前、ダイニングの椅子で寝ていました。
スカイがベッドにやって来たので、ぷーにゃんは「スカイが来た~」と、ダイニングの方へ避難したんだと思います。

私だけ見えない悔しさもあって、ムシオやハナコが階段やキッチンの辺りで「一瞬ぷーにゃんが見えた!」と言ってきたことがありましたが、今まで適当に聞き流していました。(ゴメン・・・
でも本当だったみたいです!!

私にもぷーにゃんが見えた!

なんて可笑しなことを言ってますが、でも私はすご~く嬉しかったのです。
まだ家にいるんだ!と思えて、すご~く嬉しかったのです。
走り去る姿は元気そのもの、だってスカイと見間違えるくらいの速さだったんですから!

ぷーにゃん、まだお家にいてね。
何なら、好きなだけず~っと家にいていいからね。

ぷっ♡
あまりの嬉しさに勢い余ってタブレットでぷーにゃんの絵を描いちゃいました♪
ぷーにゃん、ありがとよ~!!


そんな感動的な出来事を知ってか知らずか、スカイは夢の中~♪

すやすや・・・
すやすや・・・


* * * * *

8/25のコスモの尿:pH7.2
8/25のスカイの尿:また今日も測れず

なかなか、思うようにpHが下がりませんね。
他に症状がないので、このまま様子を見ていきます。




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.25 / Top↑
ぷーにゃんのお世話の一つに、投薬がありました。
どの薬も基本、本にゃんにとってはすごく嫌なものなので、与え方はいろいろ工夫しました。
ご飯に混ぜて与えたこともありますが、ご飯を嫌いになってしまうと困るので、なるべく混ぜない方法を取っていました。
しかし粉薬は、そのまま舐めてくれるということはなく、粉末あるいは顆粒のまま口に入れることも難しく、ぬるま湯に溶かしたり、カプセルに入れたりして与えていました。
毎日のことなので、ぷーにゃんもだんだんと慣れてはくれましたが、それでも投薬にはかなり抵抗するため、抱きかかえて無理やり口を開いて、失敗しては何度もやり直して・・・という状態でした。
ですから、薬を飲ませることは大変だというイメージを持っています。

今回、スカイとコスモの尿pHを下げて正常化させるために、クランベリーサプリメントをカプセルに詰めて飲ませることにしたので、久しぶりに気合いを入れ直しました。
ところが! 正直、拍子抜けでした!
笑えるぐらい簡単な投薬で、こんなこともあるんだとびっくりするやら嬉しいやら。
これもぷーにゃんの置き土産なのでしょうか?
とてもありがたいことです。
スカイとコスモの協力に感謝!そしてぷーにゃんに感謝です!!


↓まずコスモのカプセル内服の様子をご覧ください。

コスモ 初めてのカプセル内服

手のひらにカプセルを載せると、自ら顔を突っ込んで食べます!


↓次はスカイのカプセル内服の様子です。

スカイ 初めてのカプセル内服

スカイは自分で食べてくれることはないので、普通のスタイルですが、ご覧のとおりムシオが与えているので、介助が下手ですね。
でも、頭を軽く固定するだけで、じっとしていてくれるので本当に簡単です。
ぷーにゃんのときとは随分難しさが違うので、びっくりです。

2にゃんとも今回のカプセルよりずっと小さい抗菌剤を飲んだ時は、味や匂いが嫌なのか、自ら食べるようなことはなく、また誤って噛んでしまうと苦い味のせいで泡を吹いたりして、すごく嫌がったことがありました。
でも、嫌いな味や匂いがカプセルによって遮断されていれば、少し大きくなっても(今回は#3カプセル使用)上手に飲めるんだなと感心しました。
投薬がこんなにも簡単だと可愛いばかりで、お世話が一層楽しくなります。
ありがたいことです。


ママ~、ボクすごいです~
ママ~、ボクすごいです~!

ムシオにぃちゃん、へたくそよ~
ムシオにぃちゃん、お口にお水入れるの遅い~!下手くそよ~!ぶ~っ

ふたりとも、えらいっ!!


* * * * *

8/24のコスモの尿:pH7.2
8/24のスカイの尿:タイミングが合わず、測れませんでした

先日作った鶏ガラスープは、冷凍してあった分も残り少なくなってきました。
猫用だしスープをほんの少したらせば、2にゃんとも喜んで飲んでくれるようになりました。
スカイからは、ご飯の後に、「スープちょうだい!」と要求されることもあり、すごく嬉しいです。
この調子で、水分摂取とサプリメントで、泌尿器系トラブルを回避できるといいな~と思います。




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.24 / Top↑
ぼ~~~
ぼ~~~

すかぽんったら寝過ぎじゃない?まさか調子悪いわけじゃないよね~

だいじょ~ぶ~
だいじょ~ぶ~

箱が大丈夫じゃないかも・・・


昨夜のスカイです。
昼間ず~っと寝ていたのに、夜もぼやぼや~っと過ごしていました。
夕方ごろぷーにゃんのベッドから出て、しばらく床にごろごろしていると思ったらいつの間にかコスモの箱にIN
それに気付いたコスモは、「ボクのなのに~」と悲しそうな顔をして箱の近くで待機。
スカイが箱を出たすきに、大事な箱を奪還しました。
そこへふらっと戻ってきたスカイが、箱にコスモが納まっているのを見ると、「そこどけ~!」とばかりにコスモにガブッ!(もちろん甘咬みです)
しばらくもみ合い、コスモが箱ごとひっくり返ってもガブガブが続き、するとコスモはスカイの頭をホールドしてケリケリ攻撃で応戦!
スカイがガブガブをやめたところでケンカ終了。
コスモはお腹を出したままだから、コスモの負けなのかな?
でも、スカイは箱をコスモに返したのか、その場を立ち去り、また床で寝ころんでいました。


日付変わって今日は、

おにぃちゃん、おもいです~
ぺ~ろぺ~ろ

おにぃちゃん、重いです~

コスモが窮屈そうにしているのに、知らんぷりで体を舐め続けるスカイ。
そのうちお互いの体を舐め合いはじめ・・・

もっとそっちにいってです~
スカイにぃちゃん、もっとそっちに行ってです~!

やだよ~! こっちんこそあっち行ってよ~!

なめてあげるです~
舐めてあげるです~! だからボクもおねぇちゃんのベッドに入れてです~!

ダメよ~ダメダメッ
ダメよ~ダメダメっ (どこかで聞いたセリフ・・・

おにぃちゃん、いぢわる~
おにぃちゃん、いぢわる~~~

いいもん、いいもん
いいもん、いいもん ボク、こっちで我慢するもん

とまぁこんな具合で、仲良し兄弟でもちっちゃなケンカはときどきします。
ケンカするほど仲がいいってやつでしょうか?


* * * * *

8/23のスカイの尿pH:7.2→6.6
8/23のコスモの尿pH:7.8 昨日はいい調子だったのに~

一日の中でも変動があるものだし、毎日の変動で一喜一憂しても仕方がありませんけどね。
でもやっぱり残念
クランベリーサプリメントに期待します!
2にゃんとも、カプセルで上手に飲んでくれているので助かってます♪




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.23 / Top↑
ねぇ、すかぽ~ん

な~に~?
な~に~?

どしたの~?
どしたの~?

今日は、随分リラックスしてますね~♪ ひょっとしてぷーにゃんはお留守?

うん、いないの~
うん、いないの~

そうなんだ・・・今日はどこにいるのかな?2階かな?
でもねっ!そんな格好してるとぷーにゃん、ベッドに戻って来てくれないかもよ~

いまだけだも~ん♪
今だけだも~ん♪

すっかり“猫の開き”が出来上がってます 枕してるしっ

おやひゅみ~~~
おやひゅみ~~~

へろへろり~ん☆
へろへろリ~ん☆

お、おやすみ・・・
眠すぎてお顔が崩れちゃってますよ~、ゆっくり寝てくださいね~


ぷーにゃんのお花

ぷーにゃん、ちょっとだけスカイにベッド使わせてあげてね


* * * * *

8/22のコスモの尿:pH6.0
8/22のスカイの尿:pH6.0  

引き続き経過観察しま~す!!!

昨夜から、クランベリー顆粒を飲ませ始めました。
まず顆粒を手のひらに載せて2にゃんの顔に近寄せてみましたが、知らんぷり。
どうしたものかと思い、ネットで検索!
ヨーグルトに混ぜれば一緒に食べてしまうという情報を得て、マネしてやってみました。
コスモは何とかクリア~!
スカイは・・・指にちょんと付けたのを数回舐めるだけ。 やっぱり・・・
こうなったら奥の手!ということで、ぷーにゃんにしてたようにカプセルに詰めました。
既定の量を飲ませるには1日2回、1回4個飲ませないと足りないのですが、使い始めなので1回2個から飲ませることにしました。
さて、スカイは上手にカプセルを飲めたでしょうか?




♪ ご訪問ありがとうございました。また遊びに来てください!~(=^・ェ・^=) ♪

↓ ランキングに参加中です。ポチッと応援お願いします。 ↓
プリンbanner にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
2014.08.22 / Top↑